電力設備点検にドローンを活用、無線伝送システムの共同研究

電源開発(以下、Jパワー)と情報通信研究機構(以下、NICT)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることで契約を締結した。

Jパワーは、ドローンを活用して電力設備点検の効率化を目指すための研究開発を実施しているが、特に山間部では山や樹木に遮蔽されて電波が届かず、また携帯電話も圏外となる場所が多くあるため、ドローンの運用範囲には限界があった。

一方、NICTは、通信料金がかからず低コストで比較的長距離の通信が可能な920MHz帯を用い、ドローンの操縦者から見て目視外で、かつ電波が直接届かない環境でも、別のドローンを無線中継用として飛行させることにより、見通し外のドローンとの間の通信を確保して安全運航を可能とする技術の開発に取り組んでいる。

共同研究では、NICTが開発する「直接電波見通し外」で安全にドローンを運航するための無線伝送技術を、Jパワーが開発する電力設備点検用ドローンに適用し、山間部での点検作業の大幅な効率化を図るための検証・評価を行う。

直接電波見通し外とは、操縦者の制御端末からドローンまでの間、山や樹木等に遮られて電波が直接到達しない状況を指す。

また、共同研究では、ドローンを見通し外で運航する際の無線中継方法、飛行ルートの選定、運航条件・運航制約の検討やドローンの運用方法、コマンドやテレメトリなどの通信品質、電力設備点検への有効性の検証・評価を行う。2019年度の導入を目指す。

NICTが開発した技術は、内閣府が進める革新的研究開発推進プログラム「ImPACT」の一環であるタフ・ロボティクス・チャレンジで進められているプロジェクトだ。

研究開発したシステムを構築することで、操縦者が足場の悪い山中を移動することなく、電力設備点検ドローンの運航範囲を電波見通し外まで行うことが可能になる。作業効率の大幅な改善が期待される。将来に向けたさらなるドローンの活用が期待される。

無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究の開始について~電力設備点検ドローン用 見通し外無線伝送システムの開発をめざして~

カテゴリー: 情報通信 , エネルギー   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事