JR東海、新幹線の安全を守るため検修データを電子化

東海旅客鉄道(JR東海)は、東海道新幹線車両のデータを一元管理すると発表した。別々に管理していた検査や修繕(検修)のデータについて管理システムを統合し、新たに車両の走行中に得られるデータも同一システムで管理。

これまで、検修データは仕業検査や交番検査、台車検査を管理するシステムと、全般検査を管理するシステムを使用していた。JR東海は、これらのシステムを統合するとともに車両データを加えて新システムで一元管理する。

JR東海によると、車両に関する全てのデータを一体的に管理・分析することが可能になり、得られた分析結果を基に検査内容や検査周期の最適化を図るという。

また、タブレット端末を導入して、重要部品の状態を撮影して画像で記録。一部の作業では、作業員が検査し、結果を声に出すと音声を認識してその内容をタブレット端末に自動で入力する。

さらに車両の機器や部品にQRコードを取り付け、タブレット端末で読み取ることで機器や部品の情報を自動入力するなどデータ入力における信頼性を向上させる。

さらに、検修データの結果確認を自動化。検査の品質を向上するとともに、4000枚を超える紙の帳票類を削減することで、検修データの管理における信頼性の向上を目指す。

2019年4月に導入予定で、約20億円の工事費を見込んでいる。

新幹線車両検修データの一元化による車両品質の向上について

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事