理研、匂いの素早い検出と濃度の弁別に優れた細胞タイプを発見

国立研究開発法人理化学研究所(以下、理研)は2017年7月20日、ショウジョウバエの嗅覚情報処理をつかさどる高次脳領域の神経活動を記録・制御することで、匂いの素早い検出と濃度の弁別に優れた細胞タイプを発見し、その細胞タイプ特異的な機能を生み出す神経回路のメカニズムを解明したと発表した。

理研 脳科学総合研究センター知覚神経回路機構研究チームの風間北斗チームリーダーらの研究チームが発表。研究成果は、米国の科学雑誌「Neuron」(オンライン版)に掲載されている。

動物の脳は様々なタイプの細胞から構成されている。脳回路が機能を生み出す際には、各タイプの細胞はそれぞれ異なる役割を担っていると考えられてる。理研によると、その役割の詳細やタイプごとの違いを生み出す神経基盤についてはよく分かっていなかったという。

今回、理研の研究チームは、ショウジョウバエの脳内にある神経回路のうち、匂いの情報処理をつかさどる「キノコ体」と呼ばれる回路に着目。キノコ体には3つのタイプの細胞があり、これらの細胞は約50個の糸球体から構成される触覚葉という脳領域から、匂いの情報を興奮性の信号として受け取る。

研究チームはまず、これらの3タイプの細胞が糸球体からの情報をどのように統合しているのかを、光遺伝学、二光子励起法、電気生理学的手法を組み合わせて調査(図A)。その結果、入力の統合においてはタイプ間に差はなかった。次に興奮性の入力を受けた後に、各タイプの細胞がどのように振舞うのかを調べた。その結果、一つのタイプが他のタイプよりも高い興奮性を持つと同時に(図B)、抑制性の細胞を強く活性化させることが分かった。

研究チームは「興奮性の高い細胞タイプは匂い刺激に対して最も素早く応答し、かつより低濃度の匂い刺激に応答する」、「このタイプは低い濃度の匂いの弁別に役立ち、適切な抑制性の入力がないとこの弁別能力がなくなる」という2つの仮説を立てた。これらの仮説を検証するために、レーザー顕微鏡を用いて、各タイプの細胞の匂いに対する応答をカルシウムイメージングで調査した。その結果、これらの仮説が正しいことが確認されました(図C)。

■ショウジョウバエキノコ体の各細胞タイプの匂い濃度の弁別能力
2017072116.png

理研では、今後、各細胞タイプのさらなる役割とその神経基盤の解析を進める。ヒトを含めた様々な動物が持つ匂いを認識する能力の神経基盤の理解につながると期待しているという。

匂いの素早い検出と濃度の弁別に優れた細胞タイプを発見

カテゴリー: バイオ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事