SNSやゲームでプロ声優の声を活用できる音声生成サービス

東芝デジタルソリューションズ株式会社(以下、東芝デジタルソリューションズ)は2017年7月20日、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS(リカイアス)」の音声合成技術を活用した、声のプラットフォーム「コエステーション」(β版)を開発した。エンターテイメント業界やメディア業界などにもサービスを展開するため、株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下、クリーク・アンド・リバー)と戦略的な協業関係を構築することに合意し、契約を締結した。

RECAIUSとは、音声や映像から人の意図を理解しビジネスと生活の安心・快適な活動をサポートするサービスを指す。

RECAIUSを活用したコエステーションは、声を使ってもらいたい人と使いたい人をつなぐためのプラットフォーム。一般ユーザーはスマートフォンのアプリを使用し、指定の文章を読み上げて声の特徴を学習させることで、自分の声の分身である「コエ」を生成。SNSやゲームなど様々な場面で、このコエを使い、任意のテキストを発話できる。今後はプラットフォーム上に登録されている声優やタレントのコエなど、音声の選択肢を増やすことで音声コミュニケーションの幅を広げることを可能にする予定。

東芝デジタルソリューションズは現在、事業化に向けた取り組みを進めている。声優やタレントなどプロの声の提供元(声主)には、ゲームのキャラクターにプレーヤーの名前を呼ばせるなど、録音では対応しきれない新しい商品・サービスにコエを活用することを目指す。

例えば、アニメ制作会社などのコエのビジネスユーザーには、登録されている膨大なコエの中からニーズに合ったものを見つけてコンテンツ制作に利用できるようにする。また、SNS運営会社などのサービスプロバイダーには、コエステーションを活用した音声合成APIや組込みミドルウェアを使用可能にして、コエを活用した新しいサービスの展開を図る。

東芝デジタルソリューションズでは、市場投入に当たり声主の権利を保護し、適切に利用されるための仕組みづくりや高度の犯罪対策が必要だと認識。エンターテイメント業界やメディア業界に多くの人材を派遣し、著作権やコンテンツの管理・流通に強みを持つクリーク・アンド・リバーと共同で、事業化に向けた課題の解決に取り組む。

音声合成技術を使い「声」を収集・蓄積・提供するプラットフォーム「コエステーション」(β版)を開発

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事