凸版印刷、デジタルマーケティング一括運用サービスを発表

凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は2017年7月20日、デジタルマーケティングの実施に必要な全ての機能を一括で提供する「デジタルマーケティング一括運用サービス」を2017年7月末から本格展開すると発表した。

デジタルマーケティング一括運用サービスは、データ解析からシナリオ開発、配信管理までをシームレスに実行できる専門チームを組織化することで、複雑で高度なデジタルマーケティングの運用を一括で支援するサービス。

具体的には、デジタルマーケティング運用に必要な運用ディレクターやクリエイター、エンジニア、アナリスト、シナリオプランナーがチームとなり、クライアント内外に点在するデータの統合・管理・分析から、MA(マーケティングオートメーション)によるコミュニケーション配信管理までをワンストップで運用。AI(人工知能)を活用したターゲティングおよび配信業務の自動化も図り、運用効率を高める。

デジタルマーケティングの中核となるメール配信に加えて、LINEやSMSなどの幅広いタッチポイントも含めて一括で配信可能にする。

凸版印刷によると、デジタルマーケティング一括運用サービスを利用することで、デジタルマーケティングの運用にかかる負荷や時間を圧縮し、PDCAを高速化することでマーケティングの費用対効果の向上を図れるという。

また、デジタルマーケティングの運用では個人情報などの管理が不可欠となる。そのため、凸版印刷は高いセキュリティを備えて顧客データを集中管理する「MAコマンドセンター」を開設。個人情報を含むマーケティングデータをセキュアに管理し、安心・安全な運用環境を構築する。

凸版印刷、専門チームでデジタルマーケティングを一括支援 エキスパートチームによるデジタルマーケティング運用の一括支援と、集中管理のための「MAコマンドセンター」開設により、運用の効率化を実現

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事