NTT Com、サイバーセキュリティの専門性の高い業務を支援するサービスを提供開始

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は2017年7月19日、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」の「プロフェッショナルサービス」において、新メニュー「アドバイザリーサポート」の提供を開始した。企業のCSIRTにおける重要な役割である、サイバーセキュリティに関する情報収集/調査/分析などの専門性の高い業務の遂行をNTT Comが支援する。

CSIRTとは「Computer Security Incident Response Team」の略。コンピューターシステムなどに保安上の脅威(セキュリティインシデント)が発生した際に対応する組織を指す。

NTT Comは、顧客企業のCSIRT運用支援をさらに強化するため、WideAngleのプロフェッショナルサービスを再構成し、「CSIRT 運用支援ソリューション」を新設。新メニューとして、国内外合わせて約30年間で約1万件の企業、公共団体などのセキュリティ管理体制への支援実績を活かした「アドバイザリーサポート」を提供開始した。

アドバイザリーサポートにおけるお問い合わせ対応例は以下のようになっている。
・セキュリティイベント/セキュリティトピック/セキュリティトレンドの調査
・脅威情報/脆弱性情報/攻撃者のプロファイル情報/スレットインテリジェンス(サイバーリスクの分析において得られる価値ある洞察およびそれを収集するプロセス)の把握
・国際情勢やメディア情報の分析
・顧客企業のシステム内で検知した不審なメールや、企業Webサイトのセキュリティに関する問い合わせ

NTT Comは、顧客企業のCSIRTの高度化を実現するため、「CSIRT運用支援ソリューション」をより一層拡充する。また、開発中の「脆弱性マネジメントプラットフォーム(仮称)」では、企業内の様々な組織で設置しているICTシステムの情報をあらかじめデータベース化。脆弱性情報が公開された際、該当するシステムを自動抽出し、システム管理者に随時通知する機能を提供する予定。

サイバーセキュリティに関する情報分析など専門性の高い業務を支援する「アドバイザリーサポート」を提供開始

カテゴリー: 情報通信 , セキュリティ   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事