「HULFT IoT」と「McAfee」の連携により、IoTセキュリティ分野を強化

株式会社セゾン情報システムズ(以下、セゾン情報システムズ)は、マカフィー株式会社(以下、マカフィー) と協業し、セゾン情報システムズのIoTデータ連携ミドルウェア「HULFT IoT」と、マカフィーの組み込みシステム用セキュリティソフトウェア「McAfee Embedded Control」、セキュリティアプライアンス 「McAfee Advanced Thread Defense」を組み合わせた、IoTセキュリティサービスの提供を発表した。

今回の協業により、両社のソリューションが持つ安全性、堅牢性を元にしたIoTデバイス本体、 そこから収集したデータ、その間をつなぐ転送部分のセキュリティを担保するデータ連携環境の構築が可能となった。

あらゆるモノがネットワークにつながるIoTへの注目の高まりに比例して、IoTデバイスから送信されるデータにおいてもセキュリティの担保が求められてる。しかし、IoTデバイスは処理能力やストレージなどに制限があるため、セキュリティ対策においてもシステムの軽量化が求められていた。上記の課題に対する新たな提案として、セゾン情報システムズのHULFT IoTと、マカフィーが提供するMcAfee Embedded Control、McAfee Advanced Thread Defenseを組み合わせた、IoTシステムのためのサイバーセキュリティ対策サービスの提供を開始する。

IoTデバイス側にインストールするMcAfee Embedded Controlは、ホワイトリストに基づいたプログラムの監視を行ない、未承認プログラムからデバイスを保護。このリストに登録済みのHULFT IoT Agent は、IoTデバイスが生成したファイルの圧縮と独自の暗号化を行ない、通信時の情報漏えいを防ぎながら、サーバ側のHULFT IoT Manager に連携する。

サーバ側ではHULFT IoT Managerのホワイトリストで許可された通信のみを受け取り、不正な転送を防ぐ。同じくサーバ側に設置したMcAfee Advanced Threat Defenseに搭載する検疫エンジンにより、HULFT IoT Agentで受信したファイルのマルウェア感染の有無を確認。これらの製品連携により、IoTシステム全体をセキュリティリスクから守る強固なデータ連携環境を構築する。3製品の動作検証は完了しており、シームレスな連携による有用性を確認している。

「HULFT IoT」が「McAfee」と連携し、IoT セキュリティ分野で協業

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事