ボルボ・カーズ、2019年に全モデルを電動化

ボルボ・カーズは、内燃機関(ICE)のみを搭載した車の歴史的な終焉を発表。2019年以降に発売される全てのボルボ車にエレクトリックモーターを搭載し、電動化を将来の事業の中心に据えることを明らかにした。

この発表は電動化に取り組む全ての自動車メーカーにとって最も大きな転換期の一つを意味している。内燃機関の発明から1世紀以上を経て電動化が自動車の歴史における新たな章の幕開けとなることを明確に示す。

ボルボ・カーズ社長兼CEO(最高経営責任者)のホーカン・サムエルソン氏は、「この発表はお客様のニーズを追求した結果。人々はますます電動化された車を求めており、我々はお客様の現在と将来のご要望に応えていく。お客様はお好みの電動化されたボルボ車を選択できるようになる」と述べている。

ボルボ・カーズは全モデルに、電気自動車、プラグインハイブリッド車、もしくはマイルドハイブリッド車をラインアップする。また、2019年から2021年の間に5台の電気自動車を発売し、そのうち3台はボルボ・モデル、2台はポールスターのハイパフォーマンスカーであり、ポールスターのモデル詳細については後日発表される予定。

これらの5台に加えて、全モデルにガソリンおよびディーゼルのプラグインハイブリッド、もしくは48Vのオプションを備えたマイルドハイブリッドを用意し、自動車メーカーの中で最も幅広い電動化された車を提供する。

このことは、将来全てのボルボ車にエレクトリックモーターが搭載され、純粋なICEは徐々に生産を縮小し、これまでのICEから電動化されたICEに代わっていくことを意味する。

「この発表はICEのみによって走る車の終焉を告げる。ボルボ・カーズは、かねてより2025年までに100万台の電動化したボルボ車を販売すると明言してきた。今回の発表は、この目標の実現に向けた強い決意の表れであり、その道筋を具体的に示すものだ」とサムエルソンCEOは語る。

ボルボ・カーズ、2019年から全モデルを電動化へ

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事