コネクテッドカーへの攻撃を見える化し、より安全な自動運転環境を

株式会社アズジェント(以下、アズジェント)は、コネクテッドカーの攻撃を見える化し、より安全な自動運転環境を提供するためのサービスとして、診断・評価用のレッドチーム・サービスと コネクテッドカー向けSOC関連サービスの提供を開始した。アズジェントは「Carwall」、レッドチーム・サービスとSOC関連サービスの「商品&サービスMIX」をトータルに提供することになる。

アズジェントが販売するCarwallは、製造過程で電子制御ユニット(ECU)そのものにセキュリティ設定を施すことで、シグネチャのアップデートを行うことなく攻撃を防ぐことができるセキュリティ製品です。開発元であるKaramba Securityは2017年3月にFrost & Sullivan社より、自動車業界における新商品イノベーション部門において、 Best Practices Awardを受賞。同年6月に米デトロイトで開催されたTU-Automotive Detroit 2017において、「Best Auto Cybersecurity Product/Service of 2017」を受賞している。

レッドチーム・サービスは、 アズジェントの機械学習SOC分野のパートナーであるCore SecurityのレッドチームがコネクテッドカーのCANバスに接続されたECU、モジュール、デバイスをはじめとする様々な組込みシステムに対して脆弱性診断、侵入テストを行う診断・評価サービス。レッドチームとは、セキュリティのエキスパートで構成され、疑似的な攻撃を仕掛けるチームだ。ナビゲーションシステムへの侵入テストなどの実施経験を持つセキュリティの専門家が、 現実に近い実践的な攻撃を仕掛けるため、自社のコネクテッドカーのセキュリティの実効性を確認することができる。

Carwall SOC関連サービスは、Carwallのフォレンジック機能からの情報をSOCで監視、収集、分析し、フォードバックすることで 同タイプのECUやファームウェアを搭載している旧型車に迅速なバグフィックスを行うことが可能となります。 Carwall搭載前の車種も含めセキュリティ強度の向上をはかれるPDCAサイクルを構築できる。

アズジェントは「Carwall/IoTwall向けのMSS(マネージドセキュリティサービス)」「Carwall/IoTwall向けのSOC構築、運用支援サービス」の2つのサービスを提供する。

アズジェント、コネクテッドカーへの攻撃を見える化し、より安全な自動運転環境を提供するためのサービスを開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事