ALSI、KDDIのパートナー支援プログラムのサービスメニューを拡大

アルプス システム インテグレーション株式会社(以下、ALSI)は、KDDI株式会社(以下、KDDI)が提供するSaaS型パートナー支援プログラム「Business Port Support Program」を通じて、ALSIのセキュアWebゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」を2017年6月30日に販売開始した。

KDDIのBusiness Port Support Programは、様々な業務アプリケーションを必要な時に利用することができるSaaS型プラットフォームサービス。KDDIのサービスと一緒に利用することで、強固な情報セキュリティを実現し、顧客企業の負担軽減や利便性向上を図る。

ALSIは、このパートナー支援プログラムを通じて、2017年3月にスマートデバイス向けWebフィルタリングサービス「InterSafe MobileSecurity Lite」を提供開始。今回、新たにセキュアWebゲートウェイサービスであるInterSafe GatewayConnection(以下、ISGC)を追加した。

サイバー攻撃のサイクルは日々短期化し、数分単位で新たな出現や消滅を繰り返している。ALSIによると、こうした脅威への対策においてリアルタイム性がますます重要になっているという。

ISGCは、サイバー攻撃対策サービスとWebフィルタリングサービスで構成される。クラウドプラットフォームで出口での多層防御を実現するセキュアWebゲートウェイサービス。サイバー攻撃対策サービスでは、世界中から収集し、クラウドで常に更新される「脅威インテリジェンス」に基づき、最新の脅威もリアルタイムでブロックする。また、クラウドサービスのためシステム構築が不要となり、利用している機器から手軽に最新のサイバー攻撃対策を図ることができる。

Webフィルタリングサービスは、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」と同等の機能をクラウドサービスとして利用可能。サイバー攻撃対策サービスと併せて利用することで、さらに安全なWebアクセス環境を構築できる。ISGCの販売価格は月額600円から。

ALSI KDDIが提供するSaaS型パートナー支援プログラム「Business Port Support Program」においてサイバー攻撃をリアルタイムでブロックする「InterSafe GatewayConnection」を6月30日より販売開始

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事