保守サービス、スマート眼鏡で速く効率的に

特殊な機器の保守、点検および修理には専門知識と技術力が要る。ためにメーカーでは新人教育や新製品の中途教育をしっかり行っている。

また近ごろ、新人もベテラン並の作業ができるよう、IoT(Internet of Things)やVR/AR(仮想現実/拡張現実)技術を取り入れた、専用ゴーグル/眼鏡を用いる仕組みの導入が進んでいる。

一方、機器のユーザー側――多くの生産現場では、設備の各種機器メンテナンスなどに際して、都度メーカーが派遣する技術者や専門保守サービス員に対応してもらうが、その間に発生する時間ロスや代替コスト等による生産効率の低下は否めず、改善が求められている。

専用ゴーグル等を用いた作業支援システムは、機器メーカーの保守サービス員がそれを装着・操作し、自社内からの指示・サポートを遠隔地で受ける状況を前提としている。しかし、ノウハウを持った保守サービス員は数が限られていて、全国への移動にも限度があるという。

株式会社NTTデータ ニューソン、ヨシダ印刷株式会社と株式会社NTTデータ北陸は、(株)NTTデータのR&D成果を活用して開発したソリューション、「スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム」の実証実験を本日より始める。

ヨシダ印刷工場内にて、機器オペレーター自身がスマートグラスを装着し、機器メーカーの保守サービス員からの指示・サポートだけでメンテナンスを実施する。取り組みにより、機器メーカー側は保守サービス員派遣の負担が減り、ユーザー側は現場の機器オペレーターのノウハウレベルに依らず機器の早期復旧が可能になり、一挙両得が期待される。

今回の実証実験は3社協業の第一歩となり、今後はこの検証結果を遠隔作業支援システムに反映して実運用につなげ、北陸地方の機械メーカーを中心としたユーザーへの展開を目指すという。

「スマートグラスを活用した遠隔作業支援システム」の実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事