証票処理の70%を自動化するAI技術を開発――日立

株式会社日立製作所(以下、日立)は、出納業務における証票の読み取りから承認までの業務をAI(人工知能)を用いて自動化する、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)技術を開発した。また、人事、財務のシェアードサービスを請け負う株式会社日立マネジメントパートナー(以下、日立MP)においてRPAシステムを試験運用した結果、70%の証票を自動処理可能であることを確認した。

近年、企業内での間接業務を外部の専門会社に委託するビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)の普及が進んでいる。日立によると、BPOを受託する企業では作業量の増加や人手不足への対応が課題となっており、ロボットにより業務を自動化するRPAシステムの導入が求められているという。また、光学的文字認識(OCR)技術を用いると機械でも読み取りが可能だが、オペレータが登録、照合・承認作業で確認する必要があり、人手を要する作業は依然として残っていたと説明する。

今回、日立は様々な様式の証票で文字情報を読み取り可能で、申請者の入力情報と照合して承認の判断を行うAI技術を開発。この技術を取り入れたRPAシステムでは70%の証票についての承認の自動化を実現している。

今回開発した技術では、単語の周辺に位置する別の単語や文字との関係性を分析して、単語が持つ属性を識別するAI技術を用いている。例えば、「単語の左端に『¥』があれば金額」「数字3つごとに『,』があれば金額」というように、単語が持つ属性を識別する。

また、照合に必要な項目のセットをあらかじめ学習させることで、そのセット(文字情報)に合った情報があれば承認と判断することが可能。従来、人手による照合・承認にまわされるような単語であった場合でも、それぞれの項目の候補となる単語を組み合わせたセットの中から、承認に使用する最適なセットを選び出すために組み合わせ最適化技術を拡張した技術を搭載する。複数の文字情報セットの確実性に順位を付け、学習することで精度を高めており、確実性の順位が最も高い文字情報セットを決定して承認できるかの自動的に判断する。

同社は今後、日立グループ内で蓄積した知見を生かし、金融機関や保険、公共分野などへの展開を目指す。

AI技術を活用したロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)システムを開発

カテゴリー: 情報通信 , 金融 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事