人工知能(AI)技術を活用したチャットボットを導入――大和ネクスト銀行

株式会社大和ネクスト銀行(以下、大和ネクスト銀行)は、人工知能(AI)技術を活用したチャットボットを導入した。行内紹介業務の効率化を図る。

大和ネクスト銀行の代理店業務を担う大和証券株式会社の各支店およびコンタクトセンター(以下、「銀行代理店」)には、大和ネクスト銀行の商品・サービスに関する問い合わせが日々寄せられる。今回導入したAIを備えたチャットボットがそうした問い合わせに答える。大和ネクスト銀行のサポートセンターのノウハウを800通り以上のQ&AとしてAIに学習させることで、銀行代理店や社内からの幅広い質問に対し、時間を問わずチャットボットが即座に回答を返す。

チャットボット」とは、「チャット」と「ボット」を組み合わせた言葉。AIを活用した「自動会話プログラム」のことを指す。チャットは、インターネットを利用したリアルタイムコミュニケーションのことで、主にテキストを双方向でやり取りする仕組みだ。ボットは「ロボット」の略で、人間に代わって一定のタスクや処理を自動化するためのプログラムを指す。チャットボットは、様々なWebサービスのユーザーインターフェースやプラットフォームになるとまで期待されている。

導入当初は、主にサポートセンターのオペレーター支援、新人オペレーター向け教育ツールとしての利用を想定。同行では、問い合わせ繁忙期におけるサービスレベル低下の抑制やノウハウ習得時間の短縮等の効果を期待している。

チャットボットが学習するのは、業務知識や商品知識、よくある質問/回答など。銀行代理店の担当者やコンタクトセンターに寄せられる問い合わせに対して、チャットや電話(サポートセンター窓口オペレーター)などがチャットによってチャットボットに回答を求める。チャットボットはメンテナンス時を除き、24時間365日受け付ける。

本技術の導入は、大和証券グループの総合シンクタンクである株式会社大和総研と、ビッグデータ解析やAIを活用したサービス開発に定評がある株式会社ユーザーローカルとの協業により実現した。これにより、銀行代理店における顧客からの問い合わせ対応のさらなる迅速化、大和ネクスト銀行のオペレーター業務の品質向上に努め、顧客に満足してもらえるサービスの提供を目指す。大和証券グループは、これからも新たな技術を積極的に取り入れ、サービスレベルの向上に努めると説明する。

人工知能(AI)技術を活用したチャットボットを導入~行内照会業務を効率化~ 

カテゴリー: 情報通信 , 金融 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事