ロボティクス業務システム&コンサルサービス、始まる

産業用ロボットの活躍は、数年前から大人にもはやりの「工場見学」における目玉だ。 そして今、そんなロボットはソフトウェアになり、ホワイトカラーの職場でも働き始めている。

業務効率化の手法として、人手による業務を自動化するRPA(Robotics Process Automation)、組織のビジネス運用を自動化するルールエンジンや、人工知能(AI)などの活用が進んでいるという。
製造・流通・サービス・金融・公共などさまざまな業種において、顧客のICT投資効果最大化をめざすICTサービスコーディネーター、株式会社JSOLは、あらゆる業務の効率化・自動化を支える「業務自動化ソリューション」の提供を開始した。

同ソリューションでは、ビジネスプロセス管理ツールを基盤に、RPAで自動化された業務、人手による業務を接続し、またこれらのビジネスプロセス内の適所でAI、ルールエンジン、OCRなどを活用することで、業務プロセス全体の可視化、自動化、生産性の継続的な改善につなげる。導入企業は、個別業務の効率化、自動化に加え、バックオフィス部門に限らない、業務プロセス全体の生産性向上の推進が可能になるとのことだ。

JSOLは、従来得意としている基幹系システムの提供に加え、この「業務自動化ソリューション」の提供を開始することで、企業の業務基盤のデジタル化、デジタル経営の実現を促進し、人財の有効活用や働き方改革、さらには労働力不足といった社会が抱える課題に取り組んでいくという。

RPAやAI、BPMを組み合わせ、業務自動化ソリューションを提供開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , 製造   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事