あしたの健康もセルフィー

日々の摂食バランス、運動量、睡眠の質や時間といった生活習慣情報を高精度で知り、客観的なライフスタイル評価と突き合わせ、血圧等との関連性を調べる。さらに体質(遺伝情報)を勘案し、総合的に解析する。そうして得られた自分の情報は、きっと明日の健康生活に役立つ、と思える知らせがきょう届いた。

(BP-Affairs編集部)

国立大学法人東北大学 東北メディカル・メガバンク機構とオムロン ヘルスケア株式会社は、日常生活のモニタリングで得られた検査値と高血圧などの疾病の関連を明らかにするための、共同研究を実施する契約を今月15日に締結し、共同研究を開始した。

同研究では、東北メディカル・メガバンク機構が実施する東北メディカル・メガバンク計画の一環としてコホート調査の参加者5,000人に尿中のナトリウムとカリウムのバランス(塩分と野菜や果物の摂取バランス)・身体活動量・睡眠状態を10日間にわたって自ら測定してもらう。そのデータと家庭血圧等ほかの測定値との関連を検討し、更に遺伝情報や生活習慣情報など種々の要因を考慮に入れた総合的な解析を行う。
平成29年度から行われる東北大学の詳細二次調査に合せて、これに参加する5,000人から新たに同意を得て、協力を求める予定だという。

協力同意者には、一般住民を対象としたフィージビリティ研究でその有用性等が示されたオムロン ヘルスケア社の尿ナトカリ計、活動量計、睡眠計を配布し、生活習慣情報を測定してもらう。この共同研究を通じて、より精度の高い生活習慣情報を得ることで、個人の体質に合わせた適切な予防法・治療法の開発に貢献できると考えているとのこと。
またこれらのデータは、東北メディカル・メガバンク機構のバイオバンクに格納され、データの整理が完了すれば全国の研究者に分譲され、個別化予防・治療の研究に活用される予定だという。

東北メディカル・メガバンク機構とオムロン ヘルスケア社は、「被災地の住民の方々のご協力と、それをもとに東北大学が解析して得てきたゲノム解析情報等およびそれを可能にした技術力、そしてオムロン ヘルスケア社が保有する精密なライフスタイル評価を融合することで、世界に先駆けて『自分で測り自分で創る健康社会』を目指します」と、発表を締め括った。

自分で測り自分で創る健康社会へ ‐一人ひとりの日常生活のモニタリングと健康データの関連の解明を目指した5,000人規模の共同研究を開始‐

カテゴリー: 情報通信 , バイオ , ロボット/AI , ヘルスケア   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事