後部同乗者の64%がこんな危険に

無理な割り込みをされて急ブレーキをかけた。そのとき後部シートで寝ていた愛犬がシフトレバーの上に飛んできた。 目を白黒させて、その後しばらく身構えている様子が滑稽だった。相手が犬だったから笑って済ませられたが、それがもし人だったら、幼い子どもだったらと思うとぞっとする。

(BP-Affairs編集部)

後席でのシートベルト着用は2008年に義務化されたものの、一般道路における後席のシートベルト着用率は36%(2016年警察庁との合同調査データ)と未だに低い状況だという。JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、後部座席でのシートベルト着用有無による衝突実験を行い、その結果をきょう、ホームページに公開した。

座席にダミー人形を乗せた車をバリア(障壁)に衝突させ、ダミーの挙動と頭部傷害基準値(HIC:衝突や転倒による衝撃が脳に及ぼす影響度を示す目安)を計測。後席でシートベルトを着用する重要性を検証した。
実験結果は、シートベルトを着用していない後席ダミーが前方に投げ出され、運転席のヘッドレストに頭を打ち付け、さらにシートごと運転席ダミーを押しつぶした。その際のシートベルトを着用していない後席ダミーのHICは2192まで上昇し、シートごと押しつぶされた運転席ダミーのHICも1171と高くなった。(HICが1000を超えると、頭部に重大な損傷が発生する可能性があり、2000を超えると、死亡や重傷につながる致命的な頭部損傷を負う可能性が高くなる。)
一方、シートベルトを着用していたダミーは、シートベルトで上体をしっかりと拘束されていたため、投げ出されることはなかった。

後席でシートベルトを着用しないと、本人が死亡や重傷につながる致命的な頭部損傷を負う可能性が高いだけでなく同乗者にも衝突して致命傷を負わせる危険性があるので、一般道路でも後席で必ずシートベルトを着用することが重要だ。運転者は、前席だけでなく後席に乗者する人にも必ずシートベルトの着用を促してほしい。
と安全を切に願うJAF――その声に耳を傾けない人は実験の動画をみて、あれが家族だったら、友だちだったらと想像すべきだろう。

後席シートベルト非着用時の危険性について~自動車の衝突実験結果をホームページに公開~

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事