ターボ車、機敏かつ低燃費に

ターボエンジンの加速はすごい! アクセルを踏み込めばまさに「ビューン」という感じで、背中がシートに張り付く。 けれど峠道やサーキットのカーブ出口でワンテンポ遅い反応、いわゆるターボラグに、小さな胸騒ぎを覚えさせられることがある。

2017年5月8日

排気エネルギーによる過給器といってもガソリンを送り込むわけで、筆者のような小市民は軽やかなタービン音を聴きつつ、燃費が気になる。

そんなターボチャージャーだが、近ごろ見直されて、第2次ブームがやってきた。
より少ない排気量で大エンジンのような力強さを発揮させるダウンサイジングが低燃費、エコカー競争の流れに乗って、ターボチャージャーを復権させたのだ。そして、ハイブリッド車がふつうの選択肢となる中、ターボのメリットをさらに強調できる製品の発表が4月28日、米国ミシガン州でなされた。

燃焼型やHV、EV向けに、クリーンかつ高効率な技術ソリューションを提供する世界的リーダー、ボルグワーナー社が、ダイムラーの最新式3.0Lガソリンエンジン用に48V仕様の電動で駆動するコンプレッサー「eBooster(R)」の販売を開始した。
同社供給のターボチャージャーと組み合わせて、eBooster(R)技術を使用することで、燃費と低速トルクが向上し、ターボラグという遅延現象を感じさせることなくアクセル操作に即応した過給が可能になるという。

電動コンプレッサーeBooster(R)は、ターボチャージャーが引き継ぐまでアクセル操作に即座に対応するため、低速での過給効果が向上し、ターボラグはほとんどない。ブラシレスDCモーター、耐久性のあるサマリウムコバルト磁石、高効率なパワーエレクトロニクスを搭載した小型eBooster(R)の技術は、自動車メーカーに対し柔軟なパッケージオプションを提供し、さまざまなハイブリッド車や内燃機関に対応しているとのことだ。

「直列6気筒エンジンで従来の大型V8に匹敵する性能と、いっそう快適なドライブ体験を実現することができる。eBooster(R)技術は、エンジンの小型化により、ハイブリッド車と内燃機関において燃費効率を5~10%改善できる」
とフレデリック・リサルド社長が胸を張る。

eBooster(R)ソリューションの量産において同社は、現在、全く新しいシステムを用いて増産中であり、ダイムラーを含むグローバル自動車メーカー3社へまず供給を始めるとのことだ。

BorgWarner’s eBooster® Electrically Driven Compressor Celebrates Premiere

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

加藤 賢造

加藤 賢造 (Kato, Kenzo)Author

外資系大手IT企業の立ち上げからフィールドマーケティングやSE、上級管理職などを歴任して、米国スタートアップ(のちにNYSE上場)の日本法人代表取締役を務めたあと、現在、フリーランスコンサルタント兼ライター

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事