サヨナラ、スギ花粉

春、訪日外国人が異様に思うことのひとつに、街で見かけるマスクの多さがある。

2017年5月1日

確かにそうだろう。だが国民の約3分の1がスギ花粉症に苦しんでいる。雨風のように気象協会が花粉の飛散状況を予報している日本において、それはもはや風物詩に近い。すぐに体質改善する方法のないことを理解し、あたたかく見守っていて欲しい――。マスク姿が減るかもしれない。

カプセルを飲むことにより短期間でスギ花粉症を治す。画期的な体質改善治療を開発した九州大学がきょう、研究成果を公開した。
それは腸管免疫を利用した新しい免疫療法だという。カプセルの中には、スギ抗原と多糖体の一種であるガラクトマンとの複合体が含有されていて、これを花粉が飛散する前と飛散中の約2ヵ月間、毎日服用する方法。
研究は和興フィルタテクノロジー株式会社、日本学術振興会の助成を受け行われた。

九州大学医学研究院耳鼻咽喉科学の中川尚志教授、同大学病院耳鼻咽喉・頭頸部外科 村上大輔助教、澤津橋基広講師らの研究グループによる。2010年から行ってきたこの新しい免疫療法の研究及び治験の結果、安全性も確認され、鼻症状、目の症状を軽減するだけでなく、治療のための薬物を減らす効果が認められた。

成果は4つの国際的な医学英文雑誌で発表され、その報告論文は国際科学誌Scientific Reportsオンライン版にて4月11日、公にされた。
スギ抗原-ガラクトマンナン複合体を用いた腸管免疫を利用した免疫療法は、従来の免疫療法では実現できなかった短期間で治療効果が期待できる新しい免疫療法であり、最新の研究(論文)では、標準的治療に比べ、約6割、抗アレルギー薬を減らす効果が認められたとのことだ。

内服量、投与期間など、治療薬として市販されるにはまだ改善すべき点がある。しかし、この画期的治療法は、他のアレルギー疾患の治療にも応用できる可能性がある、とある研究者はいう。

近い将来、アレルギー体質を改善する新しい治療につながる可能性があるとのことだ。

腸管免疫を利用したスギ花粉症に対する新しい免疫療法

カテゴリー: 情報通信 , バイオ , ヘルスケア   

加藤 賢造

加藤 賢造 (Kato, Kenzo)Author

外資系大手IT企業の立ち上げからフィールドマーケティングやSE、上級管理職などを歴任して、米国スタートアップ(のちにNYSE上場)の日本法人代表取締役を務めたあと、現在、フリーランスコンサルタント兼ライター

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事