つながる走りから新サービスを

あらゆるモノがネットにつながる世界――。中でも期待の星は、安全安心にもつながる「コネクティッドカー」だろう。 それは映画や小説に描かれた、未来の匂いがする。

(BP-Affairs編集部)

きょう、トヨタ自動車株式会社とKDDI株式会社は、一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会(東タク協)と共同で、データセンターと通信することで、タクシー利用客の利便性向上や、ドライバーへのサポートなど、新たなサービス提供が可能となる"つながるタクシー"の実現――そのための技術要件の明確化と、大容量の走行データの活用を目的として、東京都内を走行するタクシーからデータを収集する実証実験を始めた。

500台のタクシーに搭載される通信型のドライブレコーダー「TransLog」からKDDIのLTEネットワークを通じ、リアルタイムに収集される「走行画像」や「車両データ」のビッグデータを解析することで、"つながるタクシー"に必要となる通信インフラの要件を明確にする。と同時に、車線ごとの混雑状況や障害物の有無を含むダイナミックマップを生成する技術検討を開始するなど、モビリティサービス・プラットフォームの機能拡充を目指すという。

トヨタとKDDIは、クルマの「つながる化」を推進していて、車載通信機とクラウド間において、高品質で安定した通信をグローバルに確保するため、共同でグローバル通信プラットフォームの構築を推し進めている。また、東タク協はタクシー事業者と利用者にとって、より良いサービスを提供するべく、様々な取り組みを進めている。
今後もトヨタ、KDDI、東タク協は、次世代タクシーや新サービスの開発に向けた実証実験や、技術開発に積極的に取り組んでいく考えだとした。

トヨタとKDDI、東京ハイヤー・タクシー協会と共同で、 「つながるタクシー」から取得する大容量の走行データ通信・活用の実証実験を開始

カテゴリー: 情報通信 , 自動車   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事