知識も経験もなしに、

個人では高齢者や子供、ペットの見守りや、留守中や夜間の住宅の防犯対策など――。法人では、店舗や倉庫の中、廊下や出入り口、建屋周辺や事務スペースのセキュリティ対策等に需要がある。

2017年4月18日 (BP-Affairs編集部)

見守りサービスを事業化しようにも、システム構築の知識や経験がなければ叶わない。

そんな人たち、そして企業に朗報だ。

個人と法人向けに、最先端テクノロジーと市場ニーズの先取りマーケティングを組み合わせた独自のネットワークサービスを各種展開する、フリービット株式会社がきょう、中長期事業戦略の礎になるHealth Tech及びIoTの新サービスとして、コストパフォーマンスに優れ、幅広い用途に対応するクラウド型見守りサービス「五感箱 ~SensorCube~」を発表した。
企業・団体の総務部門なども興味を示しそうな同サービスは、そのOEM(Original Equipment Manufacturer)提供と、販売パートナーの募集も同時に始まっている。

「五感箱 ~SensorCube~」の主な特長は以下の通りだ。

ー 映像(静止画・動画)、温度・湿度・照度等の常時記録とオンラインストレージへの保存。
ー Wi-Fi機能搭載により、LAN配線が不要でかんたん設置が可能。
ー カメラ登録にはカメラ背面のQRコードが必須となり、仮にID/PWが他人に知られてもカメラに接続できないセキュアな仕様。
ー 予め設定した値を超えたり、動態検知した際の静止画撮影とイベント通知。
ー 専用アプリケーションの提供。

静止画・動画の録画に加えて、温度・湿度・照度等の多機能センサーを用いて多角的なデータを測定することで、「プライバシーに配慮」しながらも対象者の状況を把握することを可能にする、「緩やかな見守り」を実現した。
ユーザーは、専用アプリケーションを用いることで、見守り端末SensorCubeが記録した録画映像(静止画・動画)を視聴したり、多機能センサーが収集したデータをわかりやすいダッシュボード化された状態で閲覧する事が可能だという。ほかにも便利な機能がある。

同サービスの販売パートナーは、ITシステム構築の知識不要である以外に、オリジナルのサービス名と価格で販売したり、商品説明サイト(ランディングページ)や顧客管理画面等、充実したサポートツールを提供されたりといったメリットが享受できるとのことだ。

フリービット、個人利用から法人利用まで幅広い用途に対応する 法人向けクラウド型見守りサービス「五感箱 ~SensorCube~」を発表

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事