AI活用の医療機器・サービス研究開発を支援

インターネットというメディアを活用し、医療の世界の変革を目指すエムスリー株式会社が、人工知能(AI)×医療のプロジェクトに特化した開発支援事業「エムスリーAIラボ」を開始した。

同事業はAIを活用した医療機器・サービスの研究開発から製造販売承認申請、承認後の販売までを、専門性を持ったエムスリーグループ全体で一貫して支援するものである。
ここに本日、エルピクセル株式会社(LPixel Inc.)は、同社の医療画像診断支援ソフトウェアの研究・開発が第一号案件として採択されたと発表した。

医療・製薬・農業などのライフサイエンス研究領域の画像解析ソフトウェア・システムの研究開発に強みを持つ東京大学発ベンチャー企業、LPixelは、これまで、がんや脳血管疾患などを対象とした画像診断支援システムの開発を行ってきた。

上記領域に対して画像解析技術――とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウエアを開発している。LPixel社は現在、国立がん研究センターをはじめ複数の医療機関と連携し、人工知能を活用した医療画像診断支援の研究開発を進めている。
2次元画像に限定せず、X線CTやMRI、顕微鏡などの3次元方向の情報を含む画像も対象とし、読影医による画像診断を支援するシステムを開発しているという。
そして今回、エムスリーAIラボにおいて、研究開発のための医療画像をm3.com等を通じて医師・医療機関から安全に収集する支援が開始された。

エムスリーAIラボは、「人工知能の技術を、より早く・より価値高く、医療現場に届ける」ことをミッションにしていて、医療ビッグデータの収集、臨床試験・製造販売承認申請、製品マーケティング、ファイナンスまでをもサービスメニューに揃えている。

この支援を活用した多数の放射線科医による試用や効用の研究を行い、エビデンスの構築を目指していく――と、LPixel社は今後の目標を明らかにした。

弊社医療画像診断支援ソフトウェアの研究・開発が、エムスリー株式会社の「エムスリーAIラボ」に採択されました。

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , ヘルスケア   

加藤 賢造

加藤 賢造 (Kato, Kenzo)Author

外資系大手IT企業の立ち上げからフィールドマーケティングやSE、上級管理職などを歴任して、米国スタートアップ(のちにNYSE上場)の日本法人代表取締役を務めたあと、現在、フリーランスコンサルタント兼ライター

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事