NOS、オンプレミスとクラウドをセキュアにつなぐ統合基盤を提供

ネットワンシステムズ株式会社、アリスタ・ヴイエムウェアとの戦略的提携による「SD-HCI」をコアとしたクラウドネットワークソリューションを販売開始

事業の迅速化や効率化、IoT(モノのインターネット)/AI(人工知能)でのデータ蓄積と分析等でクラウドの利活用検討が進み、その形態を問わず最適な場所で業務システムやデータを活用したい。が従来、データセンターと事業拠点、およびクラウドを簡単かつ安全に接続するネットワークの全体像が描けなかったという。

ネットワンシステムズ(NOS)はそれを可能にする。アリスタネットワークスとヴイエムウエアとの戦略的提携による「SD-HCI(Software Defined Hyper Converged Infrastructure)」を中核に据えたクラウドネットワークソリューションを、7月より販売開始。同ソリューションにより、オンプレミスとクラウドを単一のポリシーでセキュアに接続し、容易な統合管理を実現できる。
主な販売先である大企業、官公庁、自治体、データセンター事業者では、クラウド利活用の加速、運用管理負荷の大幅な削減、既存の投資保護、セキュリティの向上が望めるとした。

コアコンポーネントのSD-HCIは、同社が4月に設立した新会社「ネットワンコネクト合同会社」による、アリスタとヴイエムウエアのソフトウェアを最適化し、統合して独自開発するクラウドネットワーキングソフトウェアパッケージだ。そして単体での新規パートナーへの販売も計画されている。新会社には米Arista Networks, Inc.の上級副社長、および米VMware, Inc.のネットワーキング&セキュリティ担当 最高技術戦略責任者がアドバイザーとして参画している。

ネットワンシステムズにおける新ソリューションの売上目標は、初年度25億円とのことだ。

アリスタ・ヴイエムウェアとの戦略的提携による「SD-HCI」をコアとしたクラウドネットワークソリューションを販売開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

加藤 賢造

加藤 賢造 (Kato, Kenzo)Author

外資系大手IT企業の立ち上げからフィールドマーケティングやSE、上級管理職などを歴任して、米国スタートアップ(のちにNYSE上場)の日本法人代表取締役を務めたあと、現在、フリーランスコンサルタント兼ライター

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事