飲食店支援サイト『HANJO TOWN』、サービス拡充

CASIO、税理士や社会保険労務士向けの専用サービスを開始

店のPRや食材の直取引、売上および在庫管理、人の採用・教育、賃料の適正化や店舗の覆面調査まで、飲食店の経営に関わるさまざまサービスを提供しているクラウドサービス、「HANJO TOWN」を運営するカシオ計算機株式会社はきょう、ここに税理士や社会保険労務士向けの専用サービス「HANJO with PRO」を追加してサービスを開始した。

新サービスでは、税理士や社会保険労務士などの専門家が顧問先の会計処理・給与計算等の内容を確認・訂正できるという。
「HANJO会計」、「HANJO給与」を利用している店舗の会計業務の進捗管理、監査、連絡・指示、及び監査後の編集禁止設定を効率的に行うことができる。
顧問先のサービスへ代理ログインしてやり取りを行うことで、訪問しなくても登録内容を確認できるほか、書類の受け渡しや、証憑の管理などにかかっていた時間、コスト、紛失・破損のリスクを削減できる仕組みだ。

「HANJO TOWN」の開設は2016年10月――。「売上集計管理サービス」で蓄積してきた約1万店、約1億件の飲食店情報をもとに、自店の現状を同業態(居酒屋・ラーメン店・カフェなど)の統計データと比較することで課題を可視化し、解決に役立つ各種クラウドサービスを提供するためだったと、カシオ計算機はいう。

うまいラーメンを作れても、ひとりで店を切り盛りするのは困難を極める。と、開業前から挫折しそうな人、そしてうまいラーメンを食べ続けたい士業の人も、一度繁盛街に立ち寄ってみてほしい。

税理士や社会保険労務士向けの専用サービスを開始

カテゴリー: 情報通信 , 金融   

加藤 賢造

加藤 賢造 (Kato, Kenzo)Author

外資系大手IT企業の立ち上げからフィールドマーケティングやSE、上級管理職などを歴任して、米国スタートアップ(のちにNYSE上場)の日本法人代表取締役を務めたあと、現在、フリーランスコンサルタント兼ライター

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事