産学でマンゴーをIoT化

株式会社スカイディスク、IoTを活用したマンゴー栽培の実証実験開始のお知らせ ~宮古島マンゴーの安定生産と促進栽培を目を目指した取り組み~

沖縄セルラー、KDDI、スカイディスクの3社と琉球大学は、2017年4月より、宮古島のマンゴー農場長北ファーム内で、モノのインターネット(IoT)技術を活用したマンゴー栽培の実証実験を始める。

同技術の活用で、農家にとって重要な問題であるマンゴーハウス内の異常高温や低温、乾燥、高湿度、日照不足、生育不足といった栽培状況を監視するほか、マンゴーハウス内の状況に応じてLED補光や二酸化炭素の局所添加で補い、マンゴーの生育不良の改善、増収、栽培期間の短縮化を目指すという。
省電力かつ広域なエリアカバレッジを特長とするIoT向け通信技術LPWAネットワークの一つ「LoRaWAN™」を活用することで、様々な場所でのマンゴーハウスにおいて導入が容易になり、実用化に向けた可能性を検証する。産学共同体は、このIoTの仕組みを幅広く農業分野に役立てていくことを目標にしている。

実証実験期間2017年4月~2019年4月、それぞれの役割・取り組みは以下の通りだ。

沖縄セルラー、植物工場でのノウハウを活用し、日照不足の問題をLEDや反射シートを使って補光するシステムの開発実験。
KDDI、「LoRaWAN™」のエリア化およびネットワークの運用と、取得データを今後のIoTサービスに活用するプラットフォームの構築。
スカイディスク、「LoRaWAN™」対応センサーと、IoTセンサーデバイス「SkyLogger®」提供による、ハウス内の環境測定とデータ分析。
琉球大学、光合成のタイミングでの二酸化炭素(CO2)の局所添加による技術で、マンゴーの栽培を促進向上。

IoTを活用したマンゴー栽培の実証実験開始のお知らせ ~宮古島マンゴーの安定生産と促進栽培を目を目指した取り組み~

カテゴリー: 情報通信 , バイオ   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事