エニドア、A.I.向け多言語機械学習データ作成サービス『ConyacDATA』のAPIを提供開始

バイリンガルクラウドソーシングサービスで応える「Conyac」が、AI(人工知能)システム/サービス向けAPIによるデータ作成・連携サービスを開始した。

海外進出、またはインバウンドビジネスを計画および展開する企業・団体などに、世界8,500人によるバイリンガルクラウドソーシングサービスで応える「Conyac」が、AI(人工知能)システム/サービス向けAPIによるデータ作成・連携サービスを開始した。

これによりAIユーザは、データソースから分析システムまでの、自動取得フローを構築できる。
機械学習用の大量のデータ作成依頼・結果取得作業を自動化し、業務の効率化と継続的なデータの作成・学習を可能にする。また、機械学習導入を検討中の組織は、より迅速にAIサービスを導入することで、ビジネスの拡大が期待できるという。

新サービスの基盤となる「ConyacDATA」は、多言語コーパスデータに対応している、音声認識ソフトやチャットボット等の品質を向上させるための機械学習用データ作成サービスであり、「大量」「短期間」「低価格」でのデータ作成を特長とした、バイリンガルプラットフォームである。

Conyac運営のエニドア、A.I.向け多言語機械学習データ作成サービス「ConyacDATA」のAPIを提供開始 〜依頼データの登録から結果取得までを自動化し業務の効率化を可能に〜

カテゴリー: 情報通信   

清水 美孝

清水 美孝Author

株式会社ジェイスピン ジェネラルパートナー/代表取締役。外資系・国内ハイテク企業を中心にマーケティングおよびパブリックアフェアーズ分野のコンサルティングサービスを提供。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事