利用者がそれを望むなら、家やクルマ、ポケットや鞄の中はもちろん、田んぼにも通信端末/デバイスが配置される。町中至るところに眼があり、耳がある状態になるだろう。

IoTの進展によって、巨大かつ精緻なネットワーク社会が生まれる。利用者がそれを望むなら、家やクルマ、ポケットや鞄の中はもちろん、田んぼにも通信端末/デバイスが配置される。町中至るところに眼があり、耳がある状態になるだろう。きっと口だって、あるに違いない。

旅行中、自宅に侵入しようとする者を見つけたら、「ドロボー!」と追い払えるのだ。
ふだんでも愛車のタイヤ泥棒とか、自転車泥棒を仕事場から――。あるいはサクランボ畑の泥棒なんかにも――。

叫ぶだけでは撃退効果がないかもしれない。
やはり警察や、警備員がすぐさま現場に駆け付けてくれる仕組みがなければ心許ない。

NTTドコモ提供の省電力広域無線通信技術(LPWA)を活用したサービス「ドコモIoT/LPWA実証実験環境」に、セコムがパートナーとして参加するという記事を読んでいて、そんなイメージが膨らんだ。

 出典: NTTドコモの「ドコモIoT/LPWA実証実験環境」にパートナー参加
 https://www.secom.co.jp/corporate/release/2016/nr_20170313.html

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事