東京金融取引所と富士通、AI技術を活用した市場監視業務の精度向上に向けた共同検討を開始

東京金融取引所と富士通は、市場監視業務の精度向上と効率化にむけた共同検討を実施することで合意した。市場監視のノウハウと、AI技術(アノマリ検知技術)に関するノウハウを融合して、異常取引の自動検知を実現するという。アノマリ(Anomaly)とは、異例や変則を意味する英単語。そして上記アノマリ検知技術は、富士通北陸システムズが開発した、機械学習によってモデル化された正常状態から外れた際、「いつもと違う」――即ち、アノマリとして検知することで異常の予兆を監視するものだ。富士通はこれを自動生成かつ高精度なODMA(予兆監視モデル)として、簡易かつ可視性に優れた分析に必要な、一連の作業プロセスを体系化したものを提供している。近年、投資意識の高まりにより急速に拡大している外国為替証拠金取引において、取引の透明性と公正性を確保し、安定した市場の維持に努める東京金融取引所ではあるが、システムが多様化し解析対象が膨大かつ複雑化している今、アノマリは人間の監視能力を越えようとしている。がしかし、取引所のプロと人工知能との協働により、マーケット監視の目は一層厳しく、正確なものになるだろう。

AI技術を活用した市場監視業務の精度向上に向けた共同検討を開始 | TFXからのお知らせ|株式会社 東京金融取引所  (https://www.tfx.co.jp/newsfile/article/20170310-01 )

カテゴリー: 情報通信 , 金融   

清水 美孝

清水 美孝Author

株式会社ジェイスピン ジェネラルパートナー/代表取締役。外資系・国内ハイテク企業を中心にマーケティングおよびパブリックアフェアーズ分野のコンサルティングサービスを提供。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事