ヒューマンライフケア、介護サービスのご利用者が自宅で取り組む運動メニューをIoT技術によって自動でアドバイスする新サービスに向けた実証実験を開始

IoTによって介護サービス利用者は自宅にいても運動のアドバイスを受けられる、新サービスの実証実験をヒューマンライフケアが始めた。同社運営のデイサービス利用者を対象に、通所先での体力や認知機能の測定結果と、自宅での日常生活における活動データとを組み合わせた、おすすめの運動メニューが自動的に助言される。これによって、より長い時間を過ごす自宅でも同社のサービスが受けられるようになり、要介護度の維持、改善が期待されるという。

この業界の人手不足の深刻度は、いまメディアに騒がれている運送業界以上であり、これは、介護サービス事業者とその利用者双方にメリットのある取り組みだ。

実験では、ソニーモバイルコミュニケーションズの健康管理サービスを導入し、デイサービス現場にタブレット端末などを設置して、利用者の体力などを測定。そのデータと、リストバンド型ウェアラブル端末で測定された日常生活データとを集約し解析して、パーソナライズされた運動メニューを推奨する。また、ヒューマンアカデミーのヨガ講座担当者が開発するプログラムも受けられるようになるという。

【IoT ? 介護】デイサービスでIoTによるおすすめ運動メニューのアドバイスを開始します|ヒューマンライフケア株式会社  (http://human-lifecare.jp/news/2017/iot_iot.html )、およびヒューマングループ(http://www.athuman.com/news/2017/iot_hlc/

カテゴリー: 情報通信 , ヘルスケア   

清水 美孝

清水 美孝Author

株式会社ジェイスピン ジェネラルパートナー/代表取締役。外資系・国内ハイテク企業を中心にマーケティングおよびパブリックアフェアーズ分野のコンサルティングサービスを提供。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事