街作りICTベストプラクティスを全国展開

内田洋行とパナソニック システムネットワークスが協業

内田洋行と、パナソニック システムネットワークスは、「2020年までとその先に来る持続可能な社会」の実現に向けて、具体策を推進することで合意したという。これは、昨夏に覚書を交わして以来共に進めていたプロジェクトを進化させ、日本社会をサステイナブルなものへ近づける取り組みだ。

全国でICTを活用した「働く場」「学ぶ場」などを多く構築し、また先端的ICTソリューションを開発する――両社の特長、ノウハウ、実績を融合させた共同プロジェクトは、インバウンド対応から教育ICTにまで及ぶ。モデルを首都圏でつくるとともに、「地域活性化」をキーワードに、地方自治体や企業にそのノウハウを展開していく計画だ。