セキュリティ担当者の65%が不安

チェック・ポイント、『2017年サイバー・セキュリティ調査』レポートを発表

包括的セキュリティ・ソリューションを提供するチェック・ポイントが発表した、『2017年サイバー・セキュリティ調査』によると、大企業のITセキュリティ担当1900人うち、安全対策に強い自信を示した回答者は35%に留まる。残りの65%は何かしらの不安を抱えているようだ。  

これと同様の傾向がパブリッククラウドの利用と、個人所有デバイスの業務利用(BYOD)それぞれの現場でも現れている。  

クラウドもBYODも、生産性の向上やワークライフバランスの改善に効果が期待される。しかしデータ漏洩や不正アクセスの温床になりかねず、経営者の理解と、総合的な脅威対策が急がれる。

チェック・ポイント、『2017年サイバー・セキュリティ調査』レポートを発表 (https://www.checkpoint.co.jp/press/2017/pressrelease_20170307.html)

カテゴリー: 情報通信   

清水 美孝

清水 美孝Author

株式会社ジェイスピン ジェネラルパートナー/代表取締役。外資系・国内ハイテク企業を中心にマーケティングおよびパブリックアフェアーズ分野のコンサルティングサービスを提供。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事