VR・AR用モーションコントローラー「Ureach」手首の動きで簡単操作

テクノロジーの進化で別空間に入り込んだような体験ができる「VR」を再現する環境が整ってきた。2016年にはVR元年と呼ばれるほど多くのVR製品やプラットフォームが登場。VR空間に入り込むためのヘッドセット。スマートホンでVRを体験できるモバイルVR。高価な製品を買わなければ体験できない最新テクノロジーのように感じていたVRは、徐々に身近な存在になってきている。

動画再生時間:6秒

VRを快適に体感するうえで欠かせないのがVR用のコントローラー。VR空間内での移動や選択といった動きを再現するのに必要となるパソコンでいうところの「マウス」のよう存在だ。VR用ヘッドセットやプラットフォームが増加しているものの、柔軟性の高いコントローラーが充実していないという側面がある。VRヘッドセットに対応したプラットフォームの違いを視野に入れてコントローラー選びが必要だからだ。
しかし今回紹介する「Ureach」は、OSやプラットフォームに関係なくすべてのVR・ARヘッドセットで使用できるという。ブレスレット型で持ち運びに優れたVRモーションコントローラーだ。

VR空間で快適な操作感を実現する「Ureach」

2017072110.png

Ureachは「Interactive Recreation LLC」が提供するモーションコントローラー。VRとAR空間の両方で使用可能だ。コントローラーには珍しくブレスレット型になっているのが特徴的。手首につけて操作するので、持ち運びの便利さとデザイン性に優れている。Bluetoothでワイヤレス接続が可能だ。

ブレスレット型で使用時は手首につけるという点が、Ureachの快適な操作感を高めているポイントだ。Ureachをつけている手首を軽く動かすだけでVR・AR内の動きをコントロール可能。クリックや移動、ズームといったアクションを簡単な動きで実現している。

Ureach本体のディスプレイには時間と充電状況、接続状況といったステータスが表示される。E-inkディスプレイを採用しているため目に負担を与えにくい。シンプルなナビゲーションディスプレイにより電話応答やネットサーフィン、e-bookでの読書、メールの確認をVR・AR空間内で同時に実現する。

参照:Ureachホームページ:http://www.interactiverecreation.com/

既存VRコントローラーとの違い

2017072111.png

現在までいくつかのVRコントローラーが発売されてきたが、Ureachは他のコントローラーとは異なる使用感を実現している。既存のVRコントローラーは持ち運びや操作性の面で、機械に慣れていない人には課題となる部分が多かった。

OculusやHTC Vive、PSVRからは素晴らしいコントローラーが発売されているが、トラッキングするためにカメラなど外部に取り付けるセンサーを必要とする。トラッキングとは利用者の位置を正確に認識する機能。移動したり手を動かしたりといったアクションをVR・AR空間で再現するのに欠かせない。センサーは正確に動きを認識するために必要だが、持ち運びに制限があるため決められた場所でしか利用できないという課題がある。

しかしUreachはトラッキング機能とコントローラーが一体化しているため、トラッキング用のセンサーが不要。持ち運びに便利で仕事やプライベートとさまざまな場面で使えるところが利点だ。

またSamsungのGear VRやGoogleのDaydreamといったモバイルVR向けのコントローラーも発売されている。Gear VRやDaydreamはスマートホンを装着して使用する持ち運びを意識したデバイスのため、追加でトラッキング用のセンサーは必要ない。先ほど紹介したOculusなどのコントローラーに比べると携帯面で柔軟性がある。

Gear VRやDaydreamのコントローラーで課題になる点は、操作感がゲームのコントローラーに近いところだ。形状が任天堂のWiiのコントローラーなどに似ているため、日ごろからゲームをしているユーザーなら難なく使用できるだろう。しかしゲームをしないユーザーにとってはとっつきにくい雰囲気がある。今後VRがより一般に普及していくにあたって気になるポイントだ。

Ureachは手首につけて操作する。手首のひねりといった動きで簡単にVR・AR空間のアクションをコントロール可能。VRコントローラーやゲームに慣れていない人でも直感的な操作を可能にするのが、既存のVRコントローラーにはなかった特徴だ。

強みは"全VRヘッドセットと互換性がある"こと

2017072112.png

VRヘッドセットは独自のプラットフォームで起動する。VRのプラットフォームとは、ゲームやメールなどコンテンツを選択して操作できる場所だ。Oculus Riftなら「Oculus Home」、スマホVRプラットフォームの1つ「Daydream」などさまざまなプラットフォームが存在する。遊べるゲームやコンテンツ、さらにVRコントローラーといった外部製品はプラットフォームによって異なるのが現状だ。

使用するVRヘッドセットのプラットフォームによって、慎重に製品を選ばなければならない。しかしUreachはプラットフォームやヘッドセット、OSに関係なく使用できるという。全VRヘッドセットと互換性があることが発表されている。すでにVRヘッドセットを所有している人にも、複数のVRヘッドセットを所有している人にも嬉しい製品だ。またAR空間での互換性があるというところも、使用できるヘッドセットの幅を広げている。

Ureachは現在クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」でクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げている。200ドル以上(約2万2千円)の支援からUreach本体を受取可能。海外発送可能で発送料は支援金に含まれている。プロジェクトの締め切りは2017年8月14日(月)だ。

Ureach: Motion & Control in Virtual Space

カテゴリー: Next-genTech   

日向 ゆま

日向 ゆまAuthor

フリーランスの翻訳者兼ライターとして活動。専門はIT・マーケティング、ゲーム翻訳も担当。主にソーシャルメディアマーケティングに関する記事執筆と翻訳に携わる。また過去にVRの最新ニュース翻訳も担当。特にVR・AR・MRに興味あり。

Foresight & Insight