会員限定

RFIDにて情報共有、サプライチェーンの革新と客の利便性等向上へ

電波を使って小さなワンチップIC内に情報を読み書きできる。RFIDは近年、システムの導入が容易でありかつその非接触型タグが安価であるため、工場や倉庫での資材及び部品等の管理、店舗における商品・在庫管理などに採用されつつある。

ものづくりや物流の効率化、製品が消費者に至るまでの品質および生産性の向上、エコロジーや持続可能性の追求も視野に、製造から販売までに係る各現場と事業(者)を有機的に結ぶサプライチェーンは、その存在意義がますます高まっている。今月8日、DNPは、経済産業省およびNEDOと共同で、RFIDを用いた情報共有システム(国際標準EPCIS準拠)の実証実験を12日~28日に行うと発表した。 食品・日用品メーカー、卸売、コンビニ、ドラッグストア、そして一般家庭モニターの協力を得て進める。今回の実証実験では、商品1つ1つに貼り付けたRFIDタグからデータを取得し、上記システムに蓄積して可視化。メーカーから卸・...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法