Sigfoxのサービスエリアを拡張するLPWAブリッジ通信ソフトを開発

ラピスセミコンダクタは、Sigfoxおよび「IEEE802.15.4k / IEEE802.15.4g」の複数無線通信規格に対応する無線通信LSI「ML7404」を用い、Sigfoxのサービスエリアの拡張を実現する、業界初の「LPWA ブリッジ通信用ソフトウェア」を開発した。

Sigfoxは、IoTネットワークで用いられる低電力広域通信(LPWA)の代表格。基地局の設置が不要で他の方式と比べ、端末コストがリーズナブルなことから導入しやすいサービスとして、すでに60の国と地域で採用されている。日本国内では主要都市でのエリア展開が順調に進んでいる。

しかし、農地や山岳地帯などはSigfoxのサービスエリア外であることも多く、LPWAネットワークの特長を活かしたIoTシステムの導入には、こうしたエリア外での通信を補完する方法が必要な状況だった。

こうした中、今回ラピスセミコンダクタが提供を開始するLPWAブリッジ通信用ソフトウェアは、複数の無線通信規格対応のML7404が搭載されたIoT端末やリピータ(中継機)端末に組み込むことで、IEEE802.15.4kとSigfoxの二つを使ったLPWA間のブリッジ通信を実現するというもの。これまで課題だったSigfoxサービスエリア外からの通信を可能にする。

同社によると、従来のLPWAだけでは難しかった広範囲・高信頼のIoTシステムを構築できるようになるという。同社のWebサイト内のサポートサイトにて提供を開始する。

今後も同社は、複数無線通信規格に対応したML7404をベースに、今回新たに提供を開始する「ブリッジ通信」や、メンテナンス負荷の軽減を目的とした遠隔で端末のファームウエアが更新できる「FOTA(Firmware update Over-The-Air)」など、容易にLPWA通信を実現するためのソフトウェアを順次提供していく予定だ。

Sigfoxのサービスエリアを拡張する、業界初の「LPWAブリッジ通信用ソフトウェア」を開発

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事