AI基盤を活用したデータ分析プラットフォーム「DAVinCI LABS」の国内提供を開始、DTS

DTSは、韓国大手フィンテック企業のDAYLI Financial Groupの傘下で金融機関向けにブロックチェーンや人工知能(AI)技術等を用いたテクノロジーインフラを提供するDAYLI Intelligenceと提携し、同グループ会社のSolidwareが保有するAI基盤を活用したデータ分析プラットフォーム「DAVinCI LABS」の販売を開始した。

現在、AIを活用したデータ分析があらゆるビジネスにおいて不可欠となりつつある。しかし多くの企業において、AIを活用するデータサイエンティストの不足や、データの事前処理、予測モデルの最適化などのデータ分析による多大なコストの発生が、AIを業務に適用する上での障壁となっている。

DAVinCI LABSは、金融機関とのプロジェクトを通して高度に洗練された独自開発の機械学習アルゴリズム等を通じて簡単にAI基盤によるデータ分析を実施できるプラットフォーム。厳選されたアルゴリズムを通じて構築された予測モデルと独自に有するオートクラスタリング機能によって、お客様の様々な業務領域においてAIによるデータ活用を実現する。

DAVinCI LABSは、直感的に操作できるユーザーインターフェース、数回のクリックで機械学習による高精度な予測モデルやクラスターを自動で開発することが可能な機能、予測モデルにどのような変数が相対的に寄与しているかを確認できる機能、予測精度向上のための細かいパラメーターの設定や入力変数の増幅機能などを備えている。

DTSによると、業務知識があれば誰でも簡単にAIを活用したデータ分析業務が行えるという。同社が有する銀行・保険をはじめとした金融分野での長年の開発実績・知見と、Solidwareが有するDAVinCI LABSの導入支援、環境構築、データ収集・加工に必要な周辺システムの整備・構築、保守・運用サービス等を合わせることで、ユーザーの業務へのAI適用を支援していく予定。

誰でもカンタン!AI基盤を活用したデータ分析プラットフォーム「DAVinCI LABS(ダヴィンチ・ラボ)」を国内で初めて提供開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事