会員限定

細胞シートを用いた消化器再生医療に向けて

国立がん研究センターの統計によると、男性では40歳以上で消化器系のがんの罹患が多く、女性も高齢になるほど消化器系のがんに罹患する割合が増加する――。

胃と小腸の間にあり、肝臓や膵臓からの消化液を受ける十二指腸は、他の臓器と比べて腸壁が薄い。そのため、早期がんを取り除く治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)後、約3割の確率で腸壁に穴が開く――穿孔は、膵液が腹腔内に広がり腹膜炎などを発症するため、緊急手術や十二指腸切除などの新たな処置が必要になり、患者の負担を大きくするという。 長崎大学とテルモは今年1月、消化管の再生医療分野で共同する「消化器再生医療学講座」を開設した。きっかけとなった「自己筋芽細胞シートを用いた消化器再生医療と腹腔鏡デリバリーデバイスの開発」は同大学の第3期重点研究課題の一つである。 今回、共同研究を行うテルモは、骨格...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法