新築マンションの販売受託事業をデジタル化、東急リバブル

東急リバブルは、首都圏の新築マンションの販売受託事業において、売買契約締結後から引渡しが完了するまでの業務フローをデジタル化した。ユーザーの負担を軽減し、顧客サービスの向上と自社の業務効率化を図るのが狙い。


新築マンションの販売においては、売買契約を締結後、建物が完成し引渡しを行うまでの期間に、顧客と融資(住宅ローン)および登記の手続会、建物内覧会、残代金やお引渡しなど、購入に関する重要な手続きを進めていく。一連の業務は、その都度、書類の郵送による案内と、ユーザーからの書面返信により内容や日程を確認するという方法で行ってきた。

書類の郵送による手続きにおいては、不着や紛失リスクに加え、書留郵便の不在による受取遅延などが発生。また、同社の書類作成、印刷、確認、封入、発送などの複数回に及ぶ作業に要する時間も、引渡しが集中する年度末に向けて大幅に増加し、業務効率化が課題だった。

従来の業務フローを改善するために、東急リバブルではコサウェルと共同でシステム開発を進め、2018年8月に新システムを試験導入。試験導入においても、業務効率化の効果が現れており、今後は首都圏における全ての新築マンションの販売受託物件にて、引渡しまでの一連の業務をデジタル化するという。

お客様は、メールを受け取りパソコン、スマートフォン、タブレット等に対応したマイページにログインし、必要事項を登録するため、都合の良い時間や場所で速やかに手続きを進めることができます。また、不在時に配達された書留郵便の再配達や受取りの手間も無くなります。

同社は、業務効率化により、繁忙期の残業時間の削減や人員不足対策、および個人情報などのセキュリティ強化が可能となる。また、単純作業に要していた時間をより生産性の高い業務へシフトすることで従業員のモチベーションアップも期待できると説明する。

また、「お客様アンケート」にもシステムを活用。契約後と引渡し後の2回に分けて実施し、デジタル集計されたユーザーの声をスピーディーに業務に生かすことで、顧客満足の向上に努める計画だ。

新築マンションのご契約者向け 契約締結後から引渡しまでの業務フローをデジタル化

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事