「バイオニックヒューマノイド」活用により世界最高水準のロボットを実現

東京大学大学院工学系研究科光石衛教授らの研究グループは、大学・企業・病院との共同研究により、脳神経外科などにおける微細手術への適用を可能とする低侵襲手術支援ロボット「スマートアーム」を開発した。

/div>


近年医療現場に導入されている低侵襲手術支援ロボットは、腹部を主な対象としているが、さらに様々な手術への普及が期待されている。しかしながら体内の狭所・深部において非常に繊細で高度な手術を行うには、個別技術の小型化や高性能化に加えて、手術ロボットシステムとしていかに要素技術を統合するかが大きな課題だった。

研究グループは、大学・企業・病院との共同研究により開発した要素技術を統合し、産業用ロボットアームをベースとした双腕の手術支援ロボット「スマートアーム」を開発した。スマートアームの研究開発は、バイオニックヒューマノイドの脳神経外科手術用モデル「バイオニック・ブレイン」を活用することで、脳神経外科医からのフィードバックを受けながら医工連携研究として実施した。

このバイオニック・ブレインを用いることで、経鼻内視鏡手術における硬膜縫合を実現できる性能も確認。これは手術ロボットとして世界最高水準の性能だ。この研究成果により、高度で困難な手術へのロボット手術適用の可能性が大きく広がっている。

微細手術に適用可能な低侵襲手術支援ロボットの開発

カテゴリー: ロボット/AI , ヘルスケア   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事