米Toyota Research Institute、新型自動運転実験車「TRI-P4」をCESで公開

Toyota research Institute(TRI)は、ラスベガスで開催されるCESにおいて、新型の自動運転実験車「TRI-P4」を披露した。P4は新型(第5世代)のLexus LSをベースとした車両で、TRIの2つの自動運転システムであるガーディアン(高度安全運転支援システム)とショーファー(自動運転システム)、双方の開発をこの車両で推進していく。


P4実験車は、LSの新しいシャシーとステアリングの制御技術を活用することで、よりアジャイルでレスポンスが良くスムーズな自動運転を実現する。二つのカメラを追加し、両サイドの認識性能を高めているほか、自動運転車用に設計された二つの画像センサーを前方と後方に追加している。

レーダーシステムは車両周辺の近距離の視野を向上させるべく最適化。また、8つのスキャニングヘッドを持つLIDARシステムは前モデルである「Platform 3.0」で使用しているものを踏襲しているが、新型LSのデザインに合わせた形状となっている。

P4実験車は、前世代のPlatform 3.0から性能を向上させている。より高い計算能力を持ち、より高い機械学習能力と、早い学習能力を兼ね備えているという。全てのコンピューターはハイブリッド車の二次電池を使用し、12Vのバッテリーはバックアップとしてのみ機能する。

トランク内にあるコンピューターボックスは、自動運転システムの頭脳として機能するもの。このボックスはリアシート背後の枠に平行に取り付けられており、中身にアクセスする場合には開くようになっている。これにより、トランクスペースを全て本来の荷物用に使うことができる。

P4実験車は、TMNA R&Dの試作車開発センターにおいて、この春から製作が開始される予定。

TRIで自動運転技術を担当するシニアバイスプレジデントのライアン・ユースティス氏は「私たちのショーファーの開発は完全な自動化、すなわち全ての、もしくは限られた運転環境においてドライバー不在での自動運転に重点を置いています。一方でガーディアンは人間の能力を置き換えるのではなく、増大させるものです。この新しいP4実験車をこの春からテストに導入していくことで、ショーファー、ガーディアン双方の開発を更に加速させることになるでしょう」とコメントしている。

米Toyota Research Institute, Inc.(TRI)、新型自動運転実験車「TRI-P4」をCESで公開

カテゴリー: 情報通信 , 製造 , 自動車   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事