最短1日で提供する企業分析のAIサービスを提供開始

TISは、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)と、両社で蓄積してきたナレッジを搭載した企業分析AIエンジンにより財務諸表(BS・PL)データなどを基に「財務諸表分析」「株式分析」「経営分析」の結果を最短1日で提供する企業分析のAIサービス「Finplus(フィンプラス)」を提供開始する。


Finplusは、TISの法人与信管理やレンディング(貸付・融資など)分野で蓄積した知識・ノウハウやスキルと、DTFAのファイナンシャルアドバイザリー(FA)事業で蓄積されたノウハウを融合し、共同で構築・提供するAIサービス。

財務諸表データなどをインプット情報として、企業分析(財務諸表分析・株式分析・経営分析)をクラウド上でスピーディーかつ低コストに提供する。従来であれば、専門家に依頼して数日を要した企業分析が最短1日で、また定額サービスを利用すれば1回当たり10万円の低コストで利用できる。

直近3カ年分の貸借対照表・損益計算書データなどを基に、両社で蓄積してきたナレッジを搭載した企業分析AIにより、「財務諸表分析」「株式分析」「経営分析」の3つの観点で対象企業を分析し、利用者が正確に内容を理解できるよう帳票にて分析結果を提供する。

初回の企業分析時には、対象会社の直近3カ年分の貸借対照表・損益計算をFinplusへアップロードしてから、翌営業日を目途に、PDF形式で約50ページに及ぶ詳細な企業分析レポートを提供する。また、初回分析結果に対して、割引率やFCFの値を変更するシミュレーション依頼では、依頼後即時に結果の確認が可能となる。専門家に依頼して行う従来の方式から10分の1程度の期間での分析結果の確認が可能となるという。

収益性、効率性、安全性、流動性、生産性などの観点から経営分析を実施し、業種平均値との比較結果をフィードバックする。

TIS、企業分析AIサービス「Finplus」を DTFAと提供開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事