AIで変電設備の異常診断を開始、巡視時間を50%以上削減

東京電力パワーグリッド(東京電力PG)とNTTデータは、画像・映像解析AI、異音検知AIによる変電設備異常診断ソリューションを導入する。両社は2019年度から、このソリューションを東京電力PG管轄内の約1300カ所の配電用変電所へ導入して、巡視時間の50%以上削減を目指す。


昨今、経年設備の増加および労働人口減少が社会課題となっており、東京電力PGでも、約1300カ所の配電用変電所の設備保全効率化が課題となっていた。

NTTデータでは、様々な設備を保有・運営する業界に向け、保全計画から保守までの業務プロセスを統合した「デジタルメンテナンスソリューション」を展開。両社は2017年度に地下変電所、屋外変電所にて変電設備の異常診断実証試験を行い、巡視時間を50%以上削減できることを確認し、このたび導入を進めることとした。

変電設備異常診断ソリューションは、変電所の油入変圧器、冷却ファンなどの電力設備を対象に、油入変圧器の漏油検知、外柵などの建物異常検知、アナログメーターの自動読み取り、冷却ファンの異常音検知を行う。画像・映像解析AIは、AutomagiのAIソリューション「AMY INSIGHT」をベースにNTTデータが開発を行っている。異音検知AIは、NTTデータの異音検知ソリューション「Monone」を活用している。

画像・映像解析AIの特長は、ディープラーニング(深層学習)技術と映像解析手法を組み合わせた診断を実現可能にしている点だという。異音検知AIは、NTTグループの技術を活用し、異常音の事前学習なしに正常音の学習のみで異常音検知ができる。

今回の共同開発を通じて、東京電力PGは、電力設備の保全技術高度化と効率化を図り、託送料金低減を実現するとともに電力の安定供給に努める。また、NTTデータは、このソリューションの開発をはじめ、様々な分析モデルやロボティクス点検・作業などの技術を統合。

多種多様なデータを活用するデジタルメンテナンスIoTプラットフォームアーキテクチャを整備し、設備保全業務で同様の課題を抱える他電力会社やガス会社、鉄道会社等のインフラ業界へのサービス展開を目指す。

画像・映像解析AI、異音検知AIで変電設備の異常診断を開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , エネルギー   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事