ディープラーニングで文章から5つの感情を自動判定、ユーザーローカルが提供開始

ユーザーローカルは、テキスト中の感情をディープラーニングで読み取る「ユーザーローカル感情認識AI」を提供開始する。数千万件以上の口コミデータをディープラーニングで事前学習させたもので、文章を投入すると「喜び」「好き」「悲しみ」「恐れ」「怒り」の5つの感情に分類して数値化できる。


テキストから肯定的・否定的な意見(ポジ・ネガ)の判定や感情を推定する場合、これまでは、文をまず単語分解し、各単語が持つ意味から分析することが一般的だった。この技術では、ディープラーニングによって文字の並び方のパターンや文末の細かなニュアンス表現から感情を読み取ることができるようにしている。

この感情認識AIを利用することで、アンケート自由記入欄の定量評価、口コミ掲示板の炎上チェック、コールセンターのカスタマーサポート記録の精査、人事面談記録・日報といった社内文書の分析の自動化など、これまで活用できていなかった大量のテキスト情報に付加価値をつけることが可能だという。

ユーザーローカルは、早稲田大学の研究をもとに生まれた、人工知能・ビッグデータ分析に特化した技術ベンチャー企業。

ユーザーローカル、感情認識AIを提供開始

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事