駐在型BPOを含む物流の最適化を実現、ヤマトグループ

ヤマトホールディングス(YHD)傘下のヤマトグローバルロジスティクスジャパン(YGL)は、グローバル事業を展開する企業向けに、調達から製造、販売までのあらゆる工程において、ITシステムの活用や駐在型BPOを含む物流の最適化を実現するトータル物流サービスの提供を開始した。


サービスは、3PL事業者が提供しているようなロジスティクスや輸送サービスのアウトソーシングに加え、ユーザーのサプライチェーン全体を見直すコンサルティング業務等、物流戦略の立案も含めている。さらに駐在型BPOを行うことで、常に事業環境に合わせた最適な物流戦略の立案をユーザーとともにスピーディーに実行する。

経営陣の経営方針に合わせて、コンサルティングの方向性、スコープを決める。定期的に進捗・課題を報告し、ユーザーの方向性との乖離がないかを確認する。実際の物流現場に入り、現場のオペレーションを確認し課題を抽出。ユーザーと物流事業者、双方の視点から、課題を在庫・コスト・業務プロセス・コンプライアンスなどの分野に分けて洗い出す。

また、ユーザーと一緒に課題を解決するためのロードマップを示し、ソリューションを提案・実行する。継続的にサプライチェーンのソリューションを提供し、持続的な改善を続けるために駐在型BPOを実施する。

YGLによると、同社の駐在型BPOによる、事業環境に合わせた最適なサプライチェーンを確立でき、物流業務をアウトソーシングすることで、自社の経営資源をコア事業領域に集中できる。また、サプライチェーン全体の可視化による、プロセス効率化・コスト削減と顧客満足の向上に役立てられるという。

ヤマトグローバルロジスティクスジャパンが駐在型BPOを含む、グローバル領域におけるトータル物流サービスの本格展開を開始

カテゴリー: 情報通信 , ロジスティクス   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事