国内ITインフラストラクチャサービス市場予測を発表、IDC

IDC Japanは、国内ITサービス市場におけるITインフラストラクチャの設計/構築、アウトソーシング、サポート&トレーニング、セキュリティの各領域の影響を定量的に切り出した、国内ITインフラストラクチャサービス市場予測を発表した。2017年の同市場規模は2兆5,315億円、2017年~2022年の年間平均成長率は1.1%と予測している。


ITインフラの設計/構築を中心とするITインフラストラクチャコンサルティング&インテグレーション市場は、既存システムの更改/入れ替えをきっかけとしたクラウドマイグレーションに伴うITインフラ再構築の需要などにより、2017年の前年比成長率は1.3%となった。

2018年以降、成長率は低下し、2021年にはマイナス成長になるとみられますが、2022年にはIoTなどのデジタルトランスフォーメーション(DX)領域でITインフラ整備の需要が期待できることなどから、再びプラス成長を示すとIDCではみている。2017年~2022年のCAGRは0.2%になるとIDCでは予測している。

ITインフラストラクチャアウトソーシング市場は、クラウドやデータセンターサービスの利用拡大や、複雑化するITインフラ運用管理の外部委託需要などに支えられ、2017年の前年比成長率は3.1%だった。2018年以降もこの傾向は継続し、安定した成長率を維持して、ITインフラストラクチャサービス市場全体を牽引するセグメントになると分析する。

2017年~2022年のCAGRは2.7%になるとIDCではみている。また、ITインフラストラクチャサポートサービス市場は、引き続きハードウェアサポート&保守の縮小傾向の影響が強く、2017年~2022年のCAGRはマイナス1.1%になると予測している。

ITインフラストラクチャセキュリティサービス市場は、多くの企業において情報セキュリティ対策に対する意識の高まりが持続していることから、2017年も5.5%の前年比成長率を示した。この傾向は2018年以降も継続し、主にマネージドセキュリティサービスに牽引されて安定した成長率を維持するという。2017年~2022年のCAGRは5.9%になるとIDCではみている。

企業の間でクラウドファーストの考え方が徐々にスタンダードになりつつある一方で、クラウドの利用拡大が必ずしも企業にとって負担の軽減につながらないという状況が起きている。

IDC Japan ITサービス シニアマーケットアナリストである吉井 誠一郎氏は「ITサービスベンダーは、海外のリソースも積極的に活用して企業のITインフラ運用管理の負担を軽減させつつ、基幹系システムのクラウドマイグレーションの需要を積極的に取り込むべきである」と分析する。

国内ITインフラストラクチャサービス市場予測を発表

カテゴリー: 情報通信   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事