福岡市、外国人観光客向け多言語音声翻訳の実証実験を開始

ビッグローブ(BIGLOBE)は、自社のAndroid搭載IoTデバイス「BL-02」を、NECと福岡市による外国人観光客向け多言語音声翻訳の実証実験へ提供することを発表した。名刺サイズの小型IoTデバイスで円滑なコミュニケーションをサポートする。


NECと福岡市による外国人観光客向け実証実験は、リアルタイム翻訳を検証するもので、2018年11月26日から12月9日まで福岡市の川端商店街で実施されている。NECが提供する「多言語音声翻訳サービス」は、情報通信研究機構(NICT)が開発した観光会話向けの高精度翻訳エンジンを搭載し、日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語に対応している。

BL-02は小型IoTデバイスで、持ち運びに適した名刺サイズで翻訳メッセージを十分な大きさで表示できる液晶画面を搭載。また、タッチパネルでのスムーズな言語切り替えや音量調節も容易なためリアルタイム翻訳に適しているという。

近年の外国人観光客の増加に伴い、観光地をはじめ交通機関や宿泊施設など様々なシーンで訪日外国人との円滑なコミュニケーションが求められている。BIGLOBEによると、名刺サイズで持ち運びしやすく翻訳専用デバイスとしても利用可能なBL-02は幅広いシーンで活用できるという。

BIGLOBEのIoTデバイス「BL-02」を、NECと福岡市が実施する外国人観光客向けの翻訳実証実験へ提供

カテゴリー: 情報通信 , 製造   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事