会員限定

iPSなどの培養細胞、画像解析をディープラーニング技術で高精度に

さまざまな細胞に分化する万能性を有する、iPS細胞やES細胞が注目されている。近年、研究機器や医療機器の進歩に伴い、医療および新薬の開発技術は著しい発展を遂げていて、今後はそれら多能性幹細胞を活用した創薬研究・再生医療の普及が期待されている。

がしかし、そこでは各種細胞の開発やその後の大量培養が不可欠となるため、細胞にダメージを与えることがなく、内部環境の恒常性を乱す恐れもない非侵襲での品質管理において、より正確で高精度な細胞画像認識を実現することが課題の一つになっているという。SCREENホールディングスは、深層学習(ディープラーニング)によって細胞特徴量の差異を判定する細胞画像解析ソフトウエアを開発した。 幹細胞やオルガノイド(試験管内で作られた3次元的臓器)の画像解析に貢献する。同ソフトウエアを細胞形態解析イメージングシステムに搭載し、今月から販売する。生物顕微鏡に迫る撮像性能を達成した独自の光学系のコア技術を駆使し、...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法