センサーレスで人の動きやドアの開け閉めを検知する

近年、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の展開が盛んになっている。産業分野では、企業などがIoT技術活用による効率性の追求や多様な働き方の実現などをめざしている。たとえば、会議室やシェアオフィス、トイレ等の利用状況を可視化・分析する動きが高まっているという。


が、トイレ等のプライバシー空間にカメラを置くことはできない。その他の執務室などでも、IoTにより空間把握を行う為には多くのセンサーやカメラなどのデバイスを最初に設置する必要があり、初期導入費用が高くなる課題があったという。富士通ビー・エス・シーは、米国メリーランド大学発のベンチャー企業Origin Wirelessと協働し、Wi-Fi®電波を活用して、オフィスの空間状況を可視化するシステムの研究を開始した。

その一環として今回、オフィス内の人の動きやドアの開閉等を検知するシステムのプロトタイプを開発。同システムは、Wi-Fi通信のみで空間を把握するOrigin「Time Reversal Machine™」技術の応用により、専用のセンサーやカメラなどを用いずにオフィス状況の可視化を実現している。

空間上で発生した人の動きや、ドアの開閉等の変化を可視化し、オフィスの受付や会議室、リフレッシュルームなど様々な空間の利用状況をリアルタイムで把握できる。これらのデータを保存し、1時間毎の利用率やドアの開閉回数をグラフに表示して、オフィス空間の分析ツールとして役立てることも可能になる。システムのユーザビリティを向上させた上で、商用展開を目指す。

富士通ビー・エス・シーは、今回のシステムについて、自宅などでの見守り・防犯など様々な分野にも展開し、世の中のあらゆる空間がデジタル化される次世代社会の実現に貢献していく構えであり、今月19日まで「CEATEC JAPAN 2018」のOrigin Wirelessブース内で紹介するという。

Origin Wireless社と富士通ビー・エス・シーが センサーレスでオフィス空間を可視化するシステムの共同研究を開始

カテゴリー: 情報通信   

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事