会員限定

医療介護IoT、バイタル情報等の記録もして施設入所者の見守りへ

近年、ヘルスケア・医療分野でも、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)技術によるデジタル変革が進みつつある。病変部位等の画像診断で医師を支援するAIに対して、IoTの多くは利用者や医療従事者らが直接データ活用することを目標にしている。

昨秋の総務省統計局「人口推計」によると、日本の総人口のうち65歳以上の高齢者が占める割合は27.7%。介護を要する高齢者の数も増加傾向にあり、介護施設では限られた人数の介護スタッフで各居室を巡回し、入所者の食事や入浴、排泄などの介助のみならず健康状態等まで常に管理・把握する必要がある。介護スタッフ一人に掛かる業務量は膨らむ一方だという。 日立システムズは、介護・医療施設向けに、赤外線センサやマット型の生体センサ、尿意検知センサなど、さまざまなIoTセンサの活用により入所者の状態を迅速に把握するとともに、「福祉の森」などの介護記録システムと連携して、入所者の健康状態を一元的に管理する...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法