社会インフラIoT、AIにて交通信号制御をめざす

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」時代を迎えた今、データ活用の重要性がいっそう高まっている。単にモノ同士をつなぐだけではなく、そこから上がってくる膨大なデータを分析・解析して「情報」に変え、産業や社会インフラ、生活や医療の高度化に活かす、IoT本来の目標クローズアップとともに。


IoTといえば、画像処理を得意とする人工知能(AI)技術との併用を前提にしているケースが増えてきた。AIは情報処理システムの一形態であり、IoTもそうであるから然もありなん――。現場でデータを生成するしくみと、そのデータをもとに推論するしくみとが一つになってこそ、人や装置、企業や社会で活用可能な情報を創出できる。

今月6日、「思い」をつなぐコミュニケーション技術のプロフェッショナル集団である日本無線(JRC)は、新エネルギー・産業技術総合開発機構と、「人工知能を活用した交通信号制御の高度化に関する研究開発」についての業務委託契約を締結したと発表――。IoT等により得られる情報を活用して、AI技術を用いた自律分散型の交通管制方式を確立し、低コストで高度な交通管制システムの実現をめざす。

研究は、NEC、住友電気工業、慶應義塾、産業技術総合研究所、千葉大学、東北大学、東京大学、UTMS協会と共同で実施するという。JRCは、交差点における横断者の位置と進行方向を高精度に検出し、AI技術を用いて横断者の動態把握を自律的に行うセンサーの開発を目標にしている。

交差点や横断歩道における歩行者および自転車の行動を、センサーおよびカメラ映像により捕捉し、専用AIによる機械学習を行うことで、危険性を事前に把握し、横断者・ドライバー双方に注意喚起する。しくみと研究開発の成果は、自律分散型の交通管制に使用されることにより、交通の安全および円滑だけでなく、時間便益、走行便益、CO2削減など経済効果への寄与も期待できるという。

人工知能を活用した交通信号制御の高度化に関する共同研究を開始します

カテゴリー: 情報通信 , ロボット/AI , ロジスティクス   

Pickup

高性能IoTカメラをbp-Aメンバーズへプレゼント
bp-Aメンバーズ向けにサーコム・ジャパン提供IoTカメラ「RC8110J」をプレゼントを致します。  続きを読む

関連記事