会員限定

水産漁業IoT、AIにて稚魚を自動選別

デジタル変革によって人々が豊かに暮らせる社会、Society5.0は人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、ロボットや自動運転技術などを活用して実現される。と聞いても、水産資源の枯渇を憂う「魚好き」には今ひとつピンとこない――。

大阪キタや東京ギンザのその店で、クロマグロやヒラメ、ブリやカンパチの刺身に舌鼓を打とうとしても予約でいっぱい。店舗数をもっと増やして欲しいと思っている人も多いだろう。紀州の恵み「近大卒の魚」について、近畿大学水産研究所では、近大マグロをはじめとする多くの魚種の養殖研究を行っていて、なかでもマダイは研究の大きな柱の一つになっているという。 現在、研究の一環として近畿大学水産養殖種苗センターでマダイ稚魚を生産し、大学発ベンチャーのアーマリン近大を通じて全国の養殖業者に販売。その数は日本の年間生産量の24%、約1,200万尾にも上る。稚魚の出荷前に行う選別作業では、基準に照らして生育不良の...

bp-A メンバーズ

bp-Aメンバーズ登録を行うことで、会員限定コンテンツの閲覧や様々な企業と組織から提供されるホワイトペーパーのダウンロードを行うことができます。
また、bp-Aが主催する各種イベントの告知をいち早くお送りいたします。

bp-A メンバーズについて

メンバー登録は無料となり、必要な情報を入力するだけです。

登録方法