浅い海域でも使用可能な洋上風力発電システムの実証機が完成

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と丸紅などのコンソーシアムは、日本初のバージ型浮体に風車を搭載した次世代浮体式洋上風力発電システム実証機を完成させたと発表した。

このシステム実証機は、水深50メートル程度の浅い海域でも設置が可能な「バージ型」と呼ばれる小型浮体を採用し、コンパクトな2枚羽風車を搭載している。

洋上風力発電は風車を支える基礎構造の形式により、海底に基礎を設置する「着床式」と、基礎を海に浮かべる「浮体式」に大別される。NEDOが実施した調査では、日本近海で洋上風力発電が導入可能な着床式と浮体式を比較すると、浮体式は着床式の約5倍の導入可能面積を有している。しかし、世界的に商用化が進んでいる浮体式の1つである「スパー型」は100メートル程度の水深が必要であるため、水深50メートルから100メートルの範囲で着床式に対してコスト競争力のある浮体式の開発が課題となっていた。

NEDOでは2014年度から、水深50メートルから100メートルで適用可能な低コストの次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究を開始し、実証海域の選定、浮体の設計、製造などを行い、2018年6月にバージ型と呼ばれる小型浮体を製作、NEDOと丸紅などのコンソーシアム(日立造船、グローカル、エコ・パワー、東京大学、九電みらいエナジー)は、このバージ型浮体にコンパクトな2枚羽風車を搭載した日本初のバージ型浮体式洋上風力発電システム実証機を完成させた。

今後、北九州市沖設置海域に向けて曳航し、係留、電力ケーブルの接続を行い、試験運転を行った後で2018年秋ごろから実証運転を開始する予定。

日本初のバージ型浮体式洋上風力発電システム実証機が完成


カテゴリー: エネルギー   

大島 純一郎

大島 純一郎Author

証券系システムエンジニアやIT系資格対策問題集の編集、IT系Webメディアの編集記者などの経歴を生かして、企業向けIT関連の記事制作に携わる。専門は、IT、金融、医療分野。医療情報システムの企画/構築、運用に関する知識を有する専門者としての資格、医療情報技師、情報セキュリティアドミニストレータの保有者。

Pickup

高級クロコダイルレザー仕様製品を抽選で各3名様へプレゼント
高級クロコダイルレザー仕様のbp-Aオリジナルキーホルダーとシューホーンを抽選で各3名様へプレゼントいたします。  続きを読む

関連記事